2013年09月23日

小島板金の看板娘



kojima.gif


こんなもんでも、いつか思い出してくれたら俺たち嬉しいんだ

旅立つ友や、お世話になった方に
愛情を込めて似顔絵をプレゼントします。



勝手に。エゴ。



今回のは6月に退社した、経理の女性スタッフ。
歳下の先輩。

気持ちの整理ができたのでアップしました。
(本当はアップするのを忘れたのを思い出したので)


背景にいるレディーやオジサン達は
俺も一緒に働くスタッフさん達です。
上司や、先輩や、同僚や、後輩、部下。


デザインは当ショッピングモールのちらしの
レイアウトにしてみました。
ロゴや名前は一応伏せて…。

はじっこに載せた英文は
「one day it will please us to remember even this」
訳すと
「こんなもんでも、いつか思い出してくれたら俺たち嬉しいんだ」
的な意味です。
この辺は、あまり突っ込まないでください。
あくまで、「〜的な」意味でネ。


本当は思い出したくもない思い出かもしれないけれど
フとした時に、笑い話ができるような思い出になれ!
と、恩着せがましく描きました。
結婚を前提に、遠距離恋愛中の彼の元へ旅立ちました。


この絵を一緒に持って行ったかは不明。


俺の思惑とは裏腹に。神のみぞ知る。

送別会の時に渡したんだけど
もらった本人より、描いてもらった人々のが喜んでました。
本末転倒。


まぁ、いつか、笑って話せる思い出になりますように。
彼女の人生が、さらに輝くものになりますように。

彼女が去った会社はなかなかの戦況です。


俺の人生も輝きますように。


旅立つ俺が、皆様に似顔絵を贈る日がくるように…。



…いつになるやら。



posted by ツカサ at 02:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。