2014年08月11日

ダーリンドーター


愛すべき娘たちは、この館にいる。


EGAMI4212.gif


そこまで思ってるかは知らないですが
バッキバキの女社長ですから
きっとそう思ってます。


俺はそう信じています。



これは春に描いた作品です。
以前描いたテナントの化粧品屋さんの、社長へのプレゼントを
周りのスタッフさんがエラく気に入ってくれて

ぜひ、ウチの社長にも!
と、衣料のテナント様より大抜擢いただいた経緯がありました。

前のってのはコレです。
「美女と社長」
http://burnablestuff.seesaa.net/article/395645118.html

数珠つなぎのように、お仕事が舞い込んで来まして。
社長とは面識もないですが、描かせていただきました。


コレまた高評価!



すげぇ似てるんです!
俺の似顔絵は似てる!ってよく言われるんですが
そのモデルを公表してないので
知らない人は、似てるかどうかも知らない、という始末。
そりゃ仕事も続かないですよ。


で、この絵を描いた後に社長にお会いして
「拙い絵でしたが、俺が描きました」と

まるで自首するかのように。



犯人が自供するする時ってのは、こんな心境だろうと思いつつ。
金田一とか、コナンに暴かれた時などの気持ち。

脱線。


したら、社長。
「私だけ似てないわよ!(中央)ホッペが盛り上がってる!」と
軽く説法を受けました。

社長曰く、
「絵心があるのよ、私」

「だから、手直ししたのよ!」

「ほっぺ削ったから!」


おおぉお、黒いペンで塗りつぶしたそうです。


続けて社長。
「それで完成したから、カラーコピーして全店に送ったのよ」



嗚呼。

一応、喜んではもらえてたんですね。



贈ったスタッフの皆様、贈ろうと思ったスタッフの皆様。
御社の社長は大変喜んでおられます。



で、後日。
ショップのバックルームに入らせてもらうと
しっかり飾ってありました。

右側にザッ!と三日月のように黒い模様で削った
顔の小さくなった社長。
どっちにしても似てるんですが
社長がおっしゃるならば、それが正解だと思います。


サラリーマンな俺は、そこで着地させる事ができました。
大事なテナント様なので。



愛すべき娘たちは、この館にいる。


社長。
社長の愛するスタッフの皆様も、社長を愛しておられます。
おかげさまで売上も好調です。

今さらアップしたモンで、スタッフさんの顔ぶれは変わりましたが
愛すべき娘たちは、今日も元気です。


依頼いただいた店長。
もう一人描きたいスタッフがおりましたが

退社されてましたので描けなかったのが残念です。


またよろしくお願いします!

posted by ツカサ at 03:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。